ピント力を上げるには(老眼対策)

標題のピントを合わせる力が加齢とともに落ちていきます。

水晶体は毛様体と呼ばれる筋肉で引っ張られたり縮んだりして厚くなったり薄くなってピントを調節します。

この毛様体を鍛えることでピント力を鍛えることができます。

具体的にどうするかというと、遠くのものと近くのものを交互に見ることが手っとり早いです。

遠くの山を数秒間見つめたのち、目の前の指先を数秒間見つめる、これを繰り返すのです。

これを一日10回程度行うことでピント力を上げることができます。

この目の運動は老眼を遅らせることにも効果があります。

すでに老眼になっていても進行を抑えられます。

これは実際に実験を行ったデータがあり、それによると大多数の人に改善効果がみられたということです。

しかし、すでに老眼の人はあまり改善されなかったそうですが、毛様体を鍛えることは間違いないので進行は抑えられるはずです。

遠くの景色はなるべく離れた山などがお勧めです。近くはものと遠くのものはなるべく一直線上になるようにしてください。

ついでに目をぐるぐぐる回す運動もしてください。目を動かす運動は回りの筋肉も鍛えられるのでこの運動も一緒にしましょう。

 

飛蚊症は治る!自宅でできる飛蚊症改善プログラム「クリーンアップ・アイ」

投稿者:

パーマリンク