ドライクリーニング汚れが落ちる原理

ドライクリーニングではいかにしてシミが落ちるのか。そもそも「有機溶剤」というのは、主として石油や塩素を原材料にした、溶質(溶けるもの)を溶かしてしまう液体です。身近なところでは、マニキュア落とし(除光液)を思い描いていただくとよいと思います。

マニキュアは水ではどうしても落ちませんが、マニキュア落とし(除光液)を使えば爪に塗られた色が溶け出し液体となじんで、結果として落ちます。では、何故「水」では落ちなくて、「マニキュア落とし(除光液)」だと除去できるのでしょうか。それは、原材料である「油」に正体が隠されているからです。1つの例として、油の混じったコップに水を入れると分割してしまいます。つまり「油」と「水」は相対する原料品です。「油」は「油」を好み「水」を嫌います。逆に「水」は「水」を好み「油」を嫌います。 これは汚いものを落す原理でも同様で、「水」は油溶性の汚れを嫌い(落としにくく)水溶性のある汚れを好む(落としやすい)のに対し、「油=有機溶剤」は水溶性の汚れを嫌い(落としにくく)油溶性のある汚れを好む(落としやすい)のです。家庭では汚れが落としにくいものや、取り扱いが難しいのはクリーニング店に依頼するのが得策です。特に最近では宅配クリーニングが便利で人気となっています。中でもプラスキューブの口コミは良く人気です。