ソフトヤミ金とはどのようなものか知っていますか?

従来ヤミ金の名で呼ばれてきた金融業者と言えば、違法な高金利でお金を貸し付け、執拗かつ暴力的な手段で取り立てを行う業者のことでした。

本来であれば、貸金業者としての届出を行った上で営業する必要があるのですが、そのような登録は一切せず、普通の消費者金融の数十倍から数百倍という高利でお金を貸し付けるのが一般的でした。

不利な借金であることは重々わかっていても、普通の消費者金融ではお金を貸してもらうことができなくなってしまった多重債務者などが利用するケースが多かったと言えます。

 ただし、貸金業法の改正によって、ヤミ金業者への取り締まりがかなり強化されました。

そこで、従来のように脅しや嫌がらせなどで高利の借金を取り立てるのではなく、法的金利を少しオーバーした程度の金利でお金を貸し付け、取り立ても比較的ソフトな対応のソフトヤミ金なるものが出現するようになりました。

 昔のヤミ金業者であれば、返済を滞らせたりすると、「腎臓を売れ」だの「マグロ漁船に乗れ」だの、はたまた「娘をソープで働かせろ」だのと言って脅しをかけ、無理やりお金を回収するのが普通でした。

しかし、現在巷に多く見られるソフトヤミ金の場合、そのような乱暴な手法の取り立ては行わないのが特徴です。

強引な取り立てがなされないのであればお金を回収することができないのではないかと一見思われがちですが、誰にも頼ることができなくなった債務者の弱っている心を逆手にとった巧妙な手口による取り立てが蔓延しています。よく読まれてるサイト>>>>>闇金キャンセル料で困ったら見るサイト!