FX勉強中!やっぱり便利専門サイト★

最近、FXを勉強しているんですけど、どうしても専門用語が多くて、前に進みませんでした。

専門用語が多いので、専門用語を調べているのに、調べている単語の説明文にまた専門用語が出てきて・・・

いつになったらこの単語の意味がわかるのか・・・
というか、何を調べていたのかわからなくなってきた・・・

なんてことがよくあって、かなり困っていました。

解説するなら、もっと噛み砕いて、世間一般の言葉しっかり説明してよ(-。-;)

って感じで、なかなか勉強もはかどりませんでした。

例えば、ダイバージェンス

値動きとテクニカル指標の動き方が逆行すること。

 株価等が新値を取ったにもかかわらず、テクニカル指標が新値を取らなかった場合のこと。

 株価等が下落局面にある場合に生じるものを「強気のダイバージェンス」といい、反対に上昇局面において生じるものを「弱気のダイバージェンス」という。

 RSI,RCIといったテクニカル指標において、ダイバージェンスは極めて信頼度の高いシグナルとされ、近日中にトレンドが転換するものとされる。

ぱっと読んでわかった人はそうとうアタマが良いと思います。

普通の人は、アタマが混乱して痛くなったのではないでしょうか?

こんな感じで、わかってる人向けに説明しているサイトがほとんどで、本当に前に進まず苦労していました。

では、これではどうでしょうか?

ダイバージェンスとは?

オシレーターが相場に対して逆行現象を起こしている事をいいます。

つまり、
相場が上昇しているのにRSIやストキャスティクスなどの
オシレーターが逆に下落方向に動いている状態です。

この説明文だけだと、オシレーターとはなんぞや??

となりますが、大丈夫です。
しっかり画像もあるので、オシレーターがなんなのか?
誰が見てもわかります。

その続きで、オシレーターについて触れています。

オシレーターは買われすぎているか、売られすぎなのかを
判断するもの(加熱ぐあいを判断!)

なるほど~~~ってなりますよね。

私は、困ったときはこちらのサイトを見るようにしています。

ダイバージェンスとは?ダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンス