水を飲んでニキビ肌を改善

水を毎日飲むことで、老化のサインを隠し、肌をとことんふっくらさせる水のうれしい働き。

肌を健康に保つ上で、水は大きな役割を果たします。水分が足りていない肌はくすみやすいですし、シワや毛穴も目立ちやすくなります。

水分補給ができていると肌がふっくらし、シワや毛穴が目立たなくなります。

また、皮膚のコラーゲンがしっかりと機能するためにも水分は欠かせません。

さらに、潤いとハリのあるふっくらした肌は、カサつきからひび割れるリスクも少ないため、炎症や吹き出物の原因となる外部粒子が入りにくいという点もあります。

それは、逆に言うと水分が足りずにニキビに悩まされるという人もいます。

また、食生活をちょっと変えるだけでも肌が作り出す皮脂に影響が出るため、ニキビができやすい肌質に変わってしまいます。それと同様に、水分が不足していると皮脂腺にも影響が出てニキビができやすい体質になります。

水分補給をするということは皮脂が多く分泌されることを防げるため、ニキビもできにくい体質になるわけです。

大事なのは、定期的に水を飲むことを習慣付けることです。理想は、約350ミリリットルの水を1日に8~10回ほど飲むこと。体が1時間で吸収できる水分量には限りがあるそうなので、一気に飲むのではなくて、何回かに分けて飲むのがお勧めです。そうしないと腸や腎臓を通り越して、体を巡るどころか肌にうれしい効果を生み出す前に、トイレで排出されます。しっかりと水を飲んでニキビを改善しましょう。

併せて、健肌の源でニキビを完全除去しましょう!