定時制でも本人のモチベーション次第で結果が決まる。

私の住んでいる和歌山県には、和歌山市立和歌山高等学校の定時制コースがあります。

学校を卒業してから、社会に適応できるスキルを磨くために、そこではビジネス実践科とビジネス情報科という二つのコースがあります。ですが、通われているのは、かなり年配の方であったり、中学校時に不登校が原因でそこに入学したお子さんが多いというのが事実です。年配の方は、高い志があって無事に高校を卒業される方が多いのですが、心に傷を負った16歳の子どもにとっては、年配の人たちと同じクラスで過ごすことができなくて、退学してしまうというケースも多いと聞きます。また日中働いて、夜の部で学校に通われている方の中でも、働いているほうが実際に報酬を貰えて、自分の頑張っている成果が目に見えてわかるということから、成果がすぐに表れにくい勉強とついつい比べてしまい、通学意欲の低下につながってしまう人もいるという悲しい話も聞いたことがあります。
通信制高校に落ちたらどうするか