発酵化粧品のメリットとは

最近、発酵食品が体によいとして人気がありますね。

それとともに注目されているのが、原料を発酵させて作った発酵化粧品です。

発酵させることにより、保湿やエイジングケアの効果がとてもアップするというものです。

 

発酵化粧品とは、いったいどういうもので、どんな効果があるのでしょうか。

 

そもそも発酵化粧品とは、化粧品の原料となる素材を発酵させ、発酵によりできた有効成分を抽出したエキスを配合している化粧品のことを言います。

 

ではなぜわざわざ化粧品の原料を発酵させるのかというと、発酵させることによりもともとあった有効成分が増えたり、有効成分の効果がアップするからです。

 

食品でいえば、納豆・ヨーグルト・漬物などがあります。

これらの食品も、食材を発酵させて栄養価がアップしたり、新しい有効成分が生まれたり、また発酵することにより味わいも深くなったりしています。

 

このような発酵パワーをそのまま化粧品に活かしたのが、発酵化粧品です。

また、発酵化粧品はケミカルな化学成分ではなく自然素材が使われることがほとんどですので、肌にもやさしいと言えます。

 

発酵化粧品の原料として使われる代表的なものは、お米です。

食品でも、日本酒などが米の発酵したものですね。

 

日本のすばらしい技術が化粧品に活かされるのは素晴らしいことですね。

 

 
ビューティブーケの口コミはこちら