ニキビの芯について

毛穴にたまった皮脂が酸化反応を起こして固まったままのものを
〝にきびの芯〟若しくは〝コメド〟と言うことを知っていましたか?


にきびを潰したときなんかに目にされる、
ゴマ粒くらいの棒状のものがそれに該当します。



この〝にきびの芯〟は、過度な皮脂分泌や肌の新陳代謝の遅れにより
厚くなった角質に主だった影響を受けていると考えられているそうです。


わかりやすく言うと、そもそも、おのずと剥がれるはずの角質が
そのまま止どまることになると、


角質層がだんだんと厚くなっていくワケですが、その角質が厚みを増すと
当然毛穴が詰まりがちにつながるワケです。


そこへ加えて、ホルモンバランスが正常でなくなり活発化したものすごい量の皮脂が、
上手いこと排泄されず古い角質と入り混じり〝にきびの芯〟を生じさせているというわけです。


よって、にきび芯ができるということは、毛穴が詰まり、
皮脂や汚れなどの老廃物がうまく排出できない状態にあるといえます。


そのため、にきび芯のまわりは、皮脂を好み酸素を好まないアクネ菌の
打ってつけの棲みかとなってしい、この先は悪い箇所が以前にも増して
酷くなるケースも推測できます。


でも、捉え方によって、この〝にきび芯〟の現れは、
にきびの第1段階に当てはまることでも在って、


早めの手当てをすることで患部の悪化をブロックすることが
可能なこともかなりあります。


すなわち、わずかでもにきび跡のリスクを減少させるには、
この〝にきび芯〟が出た時点で、


何かしらの手入れ・治療をすることが極めて必須になると言うワケです。

ファーストクラッシュ 体験談と公式サイトはコチラ