ほんとうに美白化粧品はシミに効くの?

実は、美白化粧品は、出来立てには効果が期待できますが、古くなったシミは苦手です。美白効果の仕組みは、3段階あって、まず一段階としては、皮脂からのメラニンの発生の抑制作用であり、二段階にメラニンの製造組織に働きかけてこれを減少させる段階、最後にすでにできてしまった、メラニンに対いして新陳代謝を促す作用があります。

この中で、美白化粧品としてメインとなるのが二段階のメラニンの製造組織にある酵素に作用するものです。シミのでき始めに効果を発揮させることが大切です。美白の敵である、紫外線を浴びた後、約3日程でシミができてしまいます。そのためメラニン色素は、早い段階でストップをかけることが大切です。また美白化粧品の効果を古いシミに求めるのは、時間がかかります。できたら、予防のために、あるいは、出来立てのシミには早い効果が望まれますので使用をおススメします。
また、できてしまったシミにも効果が期待される、商品がプラセンタ専門店より母の滴臍帯100サプリとして販売されています。これは、体の内側から角質細胞に栄養を与え、肌に潤い効果がでて、シミを改善できるサプリです。