産後脱毛症っていつから始まるの?

出産は多くの女性が経験します。

出産というのは様々な変化や症状が体に表れてくるものです。

産後の脱毛症もその1つで、出産経験者の約7割が経験しているそうです。

自然現象なので、特に心配することはなく、数か月すると改善していくようです。

が、最近はそのまま治らず、かえって悪くなる女性もいるようです。

産後脱毛症の主な原因はご存知かと思いますが、女性ホルモンの変化です。

妊娠中はプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)が増えます。

髪の毛は普通一定のサイクルで生え変わるのですが、妊娠中は女性ホルモンの増加によって抜けにくくなり、髪の毛や体毛が増えて毛深くなる女性もいたりします。

しかし、出産後はその女性ホルモンが急激に減るため、一気に髪の毛が抜けるという現象が起きてしまいます。

これが産後脱毛症の起こるメカニズムです。

この産後脱毛は、産後直後から始まり、産後6か月~1年ほどで収まるといわれています。

しかし、子育てによるストレス、授乳や世話による睡眠不足、忙しさから食事がきちんと摂れないことや、また髪の毛が抜けるのではないかというストレスから、悪化していく可能性もあります。

改善策としてはやはり栄養バランスのとれた食事と規則正しい生活を送ることを心がけ、睡眠をおおくとったりストレスを溜めない工夫等をすることが大切です。

それにプラス無添加や天然成分の配合した、髪・頭皮に優しい女性用育毛剤を使用することをおすすめします