運動を止めると痩せる理由

ダイエットといいますと、頑張って運動をしてカロリーを消費することと、食事制限をして摂取カロリーを減らすことを誰しも考えるかと思います。しかし、一説によりますと、運動をしなくなることで返って痩せることができたというお話を聞きました。これは一体どういうことなのでしょう‥。人にもよるようですが、運動をすれば大抵の人はある程度までは必ず痩せます。しかし、ある時点から痩せなくなることが多々あるんですね。食事にも気を付けて毎日運動をしてカロリーを消費しているのにも関わらず一向に体重が減らなくなるのです。これは一体どういうことなのでしょうか‥。一説によりますと、運動をし始めて一定期間経つと身体がマンネリ化してしまって、身体が運動に慣れてきてしまっている状態になる場合があるとされています。その時点からはもうどんなに筋トレしようがジョギングしようが同じトレーニングではもうほとんど痩せなくなるんですね。そうなった場合に専門家からの助言としては「効果がないのであればもうとりあえず止めてみましょう。」という内容。この思い切って止めるという選択ができる人が凄く少ないのです。しかし、こうしていったん運動を止めてみて食事制限のみにした時点からまた痩せ始めたというケースがいくつもあるようです。これに関しては、考えられる理由として例えばやっていた運動がその人には合っていなかったというもの。人それぞれ向き不向きというものがあるのは誰しもご承知のこと。それは自分自身ですらなかなか判断できることではありませんが、こうしたダイエットトレーニングに関しては、一定期間やってみて効果が出なくなって結果が滞り始めたらとりあえず止めてみるのも良い選択だと専門家は指摘します。こうしたダイエット問題に限らずどんな問題に対しても言えることですが、同じ問題に対してうまくいかなくなった方法でいくら立ち向かっていっても無駄なことです。「この方法ではもううまくいかないんだな‥。」と明確に認識できた時点でとりあえずその方法はいったん止めてみるなり、他の方法にシフトしてみるなりするのが賢明な選択といえるでしょう。今ダイエッターに人気のライザップというプライベートジムでも、そうした効果の表れなくなる期間は誰しも存在し、トレーナーとゲストのマンツーマンでその期間をいつも乗り越えていると言われています。