妊娠中の体重増加について分娩台で思い知らされた

“私が初めて妊娠をした時、お腹に赤ちゃんがいるんだからと食べる量は当然2倍!と考え毎日食べ続けてしまいました。もちろん歩く事も心がけてはいましたが、それよりも食事を摂る量の方が圧倒的に多くそれでも元気な赤ちゃんを産む為だと思っていました。予定日が近づくにつれて先生から体重を増やさないようにと言われていたのに最後の1ヶ月で2キロ太ってしまいました。そして、いよいよ陣痛が来て分娩台に乗った時思い知らされました。赤ちゃんが出て来てくれない。こんなに力を入れているのに赤ちゃんが全く出る気配がありませんでした。
結果的に吸引分娩となったのでしたが、分娩台の上で先生に叫ばれました。太り過ぎ!
言われて唖然としてしまいましたが、どうやら太り過ぎて産道が狭くなり赤ちゃんが出てこれなかったようです。よく妊娠中に太り過ぎるとよくない、この意味がこの時ようやく分かりました。もちろん産後も、赤ちゃんの体重しか減らない為産後太りにまで悩まされました。
あっと言う間に増えた体重、全く落ちない体重、これに悩まされた産後1年でしたが、出産後1年経ちようやく妊娠前の体重に戻りました。今となっては、周りに妊娠した人がいると体重だけは気をつけてねとアドバイスするようにしています。”
ベルタマザークリーム 口コミ