髪に良い育毛剤の種類と選び方のポイントについて

育毛剤の種類には、血行を改善する作用や毛母細胞に栄養補給する作用、男性ホルモン拮抗作用があります。血行を改善する作用とは、毛細血管を拡張させたり血流を促進することで、毛母細胞のスムーズな分裂を促すという作用です。毛母細胞に栄養補給する作用とは、健康な毛髪が生えるために、毛母細胞に必要な栄養を補給する作用です。男性ホルモン拮抗作用とは、女性ホルモン類似物質を用いて、男性ホルモンの働きを抑制する育毛ケアを行う作用です。

自分に合った育毛剤の選び方で、喫煙者・運動不足の人・頭皮の硬い方は、血流のを促進するタイプが良く、薄毛の改善の効果が期待できます。遺伝のため薄毛の多い家系の方は、男性ホルモンの働きを抑制するような育毛剤を用いると、薄毛の更新を遅らせることが期待できます。睡眠不足や偏った食事など生活習慣の乱れている方は、毛母細胞に栄養を補給して髪が生えやすい環境を整える育毛剤が期待できます。

 

敏感肌や乾燥肌の人は、保湿作用のある育毛剤を使用すると良いです。角質層の水分を増やすことが、敏感肌や乾燥肌のケアにおける基本となります。そのためには、血行改善作用と保湿作用のダブル効果のある育毛剤が期待できます。

 

キャピキシル 育毛剤 比較