富士吉田を訪れたら必ず食べておきたいうどん

富士山を山梨側から登る時や、川口湖畔でスケートや釣りを楽しむ際に訪れる所が富士吉田です。
そして、訪れる行楽客を出迎えてくれるのは、吉田名物のうどんです。

富士山北麓に位置する富士吉田は、稲作には適しておらず、大麦、小麦、稗、粟などの雑穀を粉に変えて作った水団を主食としてきた歴史があります。
明治から昭和にかけて養蚕業や機織が基幹産業になると、女性が仕事の担い手となったため、畑作の合間に男性が昼食にうどんを打つようになりました。
この流れから、今でも民家の一階部分を開放した店舗が多く、お昼時だけ営業するお店が大半です。

吉田のうどんの特徴は、コシの強い歯ごたえのある乱切りの手打麺です。
男性が打った骨太のうどんは、中心部分が硬い食感の腹持ちの良いうどんです。
出汁は煮干や干し椎茸に味噌と醤油を合わせて作り、茹でたキャベツときんぴらが具として乗ります。
そこに甘辛く煮た馬肉を乗せれば肉うどんになります。
冷やしたうどんを温かいつけ汁で頂く冷やしうどん、茹で湯をうどんにかけて頂く湯盛りという食べ方もあります。
赤唐辛子と山椒と胡麻を油で炒めた摺り種は、吉田うどんの薬味として欠かせません。

うどんは消化吸収がよく、エネルギー変換が早いので、行楽前の腹ごしらえに最適です。http://hotyogacaldo.space/
富士吉田にお立ち寄りの際は、是非お召し上がり下さい。